危機感はアップデートの神様

現在、5〜6年ぶりに父が我が家に滞在しているので、仕事子育てに加え、これからの介護や家族の在り方について忙しなく思いを馳せています。そんな中、今日は日帰り高松出張。ちょっとだけ日々から離れて色々と考えをまとめているような感じ。



最近特に思うのは、危機感がないと人間なかなかアップデートできないということ。危機感って成長や変革には不可欠だなぁと。それはいまの自国のあり方や政治経済、芸術文化や日々の暮らし、また仕事における各種プロジェクトを見ていても本当に思います。逆にいうと、きちんとしたディレクションの危機感さえ持っていれば、いまいま技術やスキルがなくとも変革していける。そんなふうに思います。


特に日本は島国だから、思っている以上に積極的に自分たちの理解を含めて、外へ飛び出していったり情報を取りに行くことが求められると思う。この辺りの感覚って、もしかしたら100年前の先達の方が優れていたんじゃないかともよく考えさせられる。


そして日々思うのは、周りの変革者たちがいかにあらゆる属性を軽々と超えていけるかと、自由で風通しの良いことか!(仕事をしている時にだけ、自分の属性から逃れられる感覚すらある。)


その心地良さに感謝しつつ、自分も危機感を持ち続けながらアップデートしていきたいと思います。

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square